【受賞/表彰等】柴崎研究室出身の小菅直樹さん(2022年3月修士課程修了)他の論文がTLOG 2022 conferenceにおいてOCDI Takeuchi Yoshio Logistics Awardを受賞しました。

2022年9月20日、柴崎研究室出身の小菅直樹さん(2022年3月修士課程修了)・柴崎隆一准教授(レジリエンス工学研究センター/システム創成学専攻兼担)・河内昂輝さん(技術経営戦略学専攻修士1年)・新井洋史さん(環日本海経済研究所)・中村武史さん(東京海洋大学2022年3月修士課程修了)・LIU Leiさん(技術経営戦略学専攻博士研究生)の論文がTLOG 2022 conferenceにおいてOCDI Takeuchi Yoshio Logistics Awardを受賞しました。 <受賞した賞の名称と簡単な説明> OCDI Takeuchi Yoshio Logistics Award ( https://tlog2022.inu.ac.kr/call-for-papers/ocdi-takeuchi-yoshio-logistics-award )は、2年に一度開催される物流・交通に関する国際会議(International Conference on Transportation and Logistics, TLOG Conference, https://tlog2022.inu.ac.kr/home )に投稿されたフルペーパーの中から最優秀であった論文に授与されるものです。 <受賞された研究・活動について> 受賞論文「Development of Multicommodity-type Global Logistics Intermodal Network Simulation Model Including Both Containerised and Dry Bulk Cargo」(コンテナとドライバルク貨物の双方を考慮した多品目世界物流インターモーダルネットワークシミュレーションモデルの構築)は、従来柴崎研究室で全世界の国際コンテナ貨物を対象に構築してきたネットワークシミュレーションモデルに、国際貿易においてコンテナと並んで重要なバルク貨物(具体的には、鉄鉱石および石炭)も統合するというもので、海上輸送形態や貿易パターンが全く異なるものの陸上輸送ネットワークにおいては容量が競合する両者を、ロジカルに統合することができた点が評価されました。 <今後の抱負・感想等> この度は私の修士論文を取りまとめた論文がOCDI Takeuchi Yoshio Logistics Awardを受賞することができ、大変光栄に思っております。本受賞にあたっては、追加研究の実施や、論文の加筆・修正をしてくださった柴崎先生や河内君を始めとする共同執筆者の皆さんに多大なご尽力をいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。私自身は既に就職し研究の場を離れておりますが、柴崎研究室のさらなる活躍を楽しみにしております。 写真:代理で賞状等の授与を受ける河内昂輝さん(技術経営戦略学専攻修士1年)

【受賞/表彰等】システム創成学専攻 髙橋・万研究室の高倩さん(D3)、佟驍航さん(D2)、趙子豪さん(D2)、徐若塵さん(D2)が先端材料技術協会から「奨学賞」を受賞しました。

2022年09月30日、 髙橋・万研究室の高倩さん(D3)、佟驍航さん(D2)、趙子豪さん(D2)、徐若塵さん(D2)が先端材料技術協会から「奨学賞」を受賞しました。 <受賞した賞の名称と簡単な説明> 先端材料技術協会「奨学賞」 <受賞された研究・活動について> 先端材料技術協会(SAMPE)が主催する学生ブリッジコンテストの日本大会で優勝し、さらに日本代表として参加した2022世界大会においてもカテゴリーBで優勝した、日頃のたゆみない研究ともの作りに対する情熱に対して表彰いただきました。 <今後の抱負・感想> この度、このような賞をいただき大変光栄に思います。今回の受賞にあたり様々なサポートをしてくださった研究室の方々に深く感謝いたします。世界レベルのコンペティションで貴重な知見やアドバイスを得たので、今後もデザインと成形技術をさらに改善して研究室の後輩に伝えていきたいと思います。      

【受賞/表彰等】髙橋研究室の佟 驍航さん(D2)が先端材料技術協会から「奨学賞」を受賞しました.

2022年9月30日、髙橋研究室の佟 驍航さん(D2)が先端材料技術協会から「奨学賞」を受賞しました。 <受賞した賞の名称と簡単な説明> 先端材料技術協会「奨学賞」 <受賞された研究・活動について> 熱可塑性CFRPのボルト接合に関する研究 <今後の抱負・感想> この度は奨学賞を頂き、大変光栄に思います。ご指導いただいた高橋先生をはじめ、この研究に携わった研究室の皆様に心より感謝申し上げます。CFRTPのボルト接合の大規模な適用には、まだ解決しなければならない問題があります。今回の受賞を励みに、今後も課題解決に向けて邁進してまいります。      

【受賞/表彰等】大澤幸生教授にAsia-Pacific Artificial Intelligence Association (AAIA) からFellowの称号を授与されました。

【受賞/表彰等】2022年9月1日、大澤幸生教授にAsia-Pacific Artificial Intelligence Association (AAIA)からFellowの称号を授与されました。 <受賞した賞の名称と簡単な説明> 賞名称:AAIA Fellow アジア太平洋人工知能協会(AAIA)は、2021年に香港で法人化され、当時世界中の842名の学識経験者が自主的に結成した学術・非営利・非政府組織です。 アジア太平洋人工知能協会(AAIA)は、AI海洋、AI交通、AIコミュニケーション、AIロボット、AI教育、AI農業、AI金融、AI医療、AIエネルギーなど数十のAI応用分野を含むAI産業を発展させるために、AI応用に関する科学者と起業家を集め、幅広いAI産業を築くことを目指しています。AAIAの主な使命は、世界中のAIなどの分野の科学者を強化し、学術研究、学術交流、科学教育、科学展示、学術会議、学術出版、サマー/ウィンターキャンプなどの活動を通じて、AIの開発と応用を促進することです。 AAIAのフェローには、米国科学アカデミー会員、米国工学アカデミー会員、欧州アカデミー会員、中国科学アカデミー会員、中国工学アカデミー会員、カナダ工学アカデミー会員、英国工学アカデミー会員、シンガポール工学アカデミー会員などのアカデミシャン、IEEE Fellow、ACM Fellow、AAAI Fellow、IAPR Fellowなど多彩な顔ぶれが揃い、スタンフォード大学、プリンストン大学、MIT、カリフォルニア工科大学、コーネル大学、コロンビア大学、オックスフォード大学、インペリアルカレッジロンドン、トロント大学、ウォータールー大学、メルボルン大学、シドニー大学、南洋理工大学、シンガポール国立大学、北京大学、清華大学、浙江大学、上海交通大学などの教授陣や、Google、Microsoft、IBMなどAI関連企業の世界トップレベルの科学者が選ばれています。 <受賞された研究・活動について> 受賞理由:データとAIの領域で優れた成果を上げているトップサイエンティストとして <今後の抱負・感想> AAIAは法人化は2021年ですがFellowのリストを見ると、世界からも日本からも人工知能分野における輝くような偉大な先輩ばかりが並んでいます。そのうち日本人のフェローは、ディープラーニングの原点であるNeoCognitronを開発した福島教授をはじめ、14名の研究者にとどまっています。 そこに入れて頂けたことは誠に光栄の至りです。さらに、東京大学のメンバーでは今回の私が初の授与となるようです。このご評価を励みに、今後とも本当のAIの理論と応用の両面の発展に微力をささげたいと願っております。

【受賞/表彰等】システム創成学専攻と新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻の大学院生チームが第26回びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会先端技術部門において優勝

第26回びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会先端技術部門において、システム創成学専攻と新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻の大学院生チームが見事優勝しました。チームはシステム創成学専攻および海洋技術環境学専攻の演習授業でボートを設計・製作し、船型試験水槽、相模湖で練習を重ね、チーム一丸でレースに臨みました。8月27日、28日ともに安定した走りをみせて優勝することができました。 ソーラーボートプロジェクトチーム [工学系研究科システム創成学専攻]  織田 壮太朗 M2 柴田研  遠藤 匠 M1 島田研  王 邱珺 M1 高橋研  朱 政陽M1 高橋研  趙 懷志M1 北澤研  間辺 美樹 M1 吉村・藤井研 [新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻]  小椋 貴文 M1 村山研  張 天俊 M1 村山研  濱田 良太 M1 村山研  森上 和成 M1 和田研 <受賞した賞の名称と簡単な説明> 第26回びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会 先端技術部門 優勝 ソーラーパネルとGPSを搭載したボートをマキノ町サニービーチと竹生島の約20kmの往復コースで自律航行させ、途中のチェックポイントの通過により得点が与えられます。順位は、タイムの得点と通過点の得点の合計で決まります。 <受賞された研究・活動について> 当活動は、システム創成学専攻特別演習と海洋技術環境学プロジェクトの活動です。 <今後の抱負・感想> 専攻に進学される学生の皆さんは、ぜひ参加を検討ください。

【受賞/表彰等】システム創成学専攻和泉研究室の平野 正徳さん(D2)がIIAI AAI 2022においてBest Paper Awardを受賞しました。

2022年7月5日、和泉研究室の平野正徳さん(D2)がIIAI AAI 2022においてBest Paper Awardを受賞しました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>

Best Paper Award in IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics 2022
https://iaiai.org/conference/aai2022/
本Congressにおいて、最も優秀な論文に送られる賞

 

<受賞された研究・活動について>

【発表タイトル】
Analysis of Demand Response Scenarios by Industrial Consumers Using Artificial Electric Power Market Simulations
【研究内容】
実際の日本の工場における電力使用にフォーカスをあて、デマンドレスポンスと呼ばれる電力使用のパターン変化をさせた場合の効果について分析を行った。
デマンドレスポンスは、電力需給がひっ迫する状況への解決策として注目されがちであるが、実際にはCO2の削減効果や電力調達効率化においても有用である。
そこで、本研究においては、シミュレーション環境を作成し、様々なデマンドレスポンスを比較分析をおこなうことで、実際にデマンドレスポンスを行う際に有用な示唆を得た。

 

<今後の抱負・感想>

本論文の共著者である若杉くんの貢献なくはこの賞を受賞することはできなかった。共著者にこの場を借りて感謝するとともに、私自身もさらに精進したいと考えている。

【受賞/表彰等】大澤幸生教授が人工知能学会において業績賞を受賞しました。

【受賞/表彰等】2022年6月22日、大澤幸生教授が人工知能学会において業績賞を受賞しました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>

賞名称:人工知能学会業績賞

社団法人人工知能学会では、人工知能に関する学術またはその応用に関し、著しい業績を成し遂げた者を表彰し、もって学術またはその応用のより一層の発展を奨励することを目的として、人工知能に関する学術またはその応用に関し著しい実績がある者のうちから選定して学会員である個人に業績賞を贈呈します。選考方法は正会員、役員等による記名推薦に基づき、選定委員会(委員長1名、幹事2名、委員からなり今回の総数は21名)により選定されます。審査基準は人工知能に関する学術またはその応用に関しての業績とその寄与と波及効果を考慮し、特に独創性あるいは、有用性を重視するものです。

表彰は6月22日(社員総会終了後)に行われ、受賞者には賞状と記念メダルが贈呈されました。東京大学では辻井潤一教授以来二人目の受賞で、工学系研究科では初受賞となります。

 

<受賞された研究・活動について>

受賞理由:データ保有者とデータ解析者の相互作用に着目した先駆的研究

大澤幸生氏はデータ解析がデータ保有者とデータ解析者との相互作用に着目し、そのプロセスの本質を追究してきました。まず、1998年にKeyGraph のアルゴリズムを発表、地震、ビジネス、医療等のデータに活用し、本手法によって抽出されるグラフ構造から単に共起性のネットワークのみならず、周辺的な領域が、専門家のイノベーションを誘発することを報告、その発見プロセスをチャンス発見プロセスと名づけ、さらにこれを発展させデータ科学における様々な概念を提案しました。その後、データ解析をデータサイエンティストとドメインの専門家とが知と価値の錬成の場であることを発見して知識とデータ相互作用に着目し、専門家のもつ潜在構造の炙り出しに基づき、データの設計と使用可能なデータから対象の潜在構造を可視化するプロセスであるInnovators’ Marketplace on Data Jacket(IMDJ)を2013年に提案し、その上での専門家のイノベーション創成を促進する様々な技術を開発してきました。さらに、IMDJを単一分野のみならず異分野間のデータが流通する多層空間に拡張し、異種データネットワークからなる創造的データ市場においてデータ間の相互作用を説明する研究開発を進めています。

IMDJの手法はビジネス領域に対する応用のみならず、COVID-19の流行予測のプロジェクトにも適用され、人の分布、特に「知らない人との接触」が本質的な情報であることを意味するStay with Your Communityという原理を発見し、2020年に発表しました。この成果で専門家に対して他手法では得られなかった有益な提言を行うことができました。

以上、大澤幸生氏はデータ駆動型イノベーションの本質を追究し、さまざまなアルゴリズムを開発したのみならず、自らさまざまな領域に適用し、大きな成果を得てきた。データ解析の本質に対する四半世紀にわたる一貫した研究成果は人工知能学会の業績賞に値するとの理由により受賞しました。

<今後の抱負・感想>

誠に光栄です。多くのメディアがごく最近の人工知能のトレンドを見て日本のレベルを低く評価しがちですが、人工知能は機械学習を同義ではなくはるかに広大な分野であり、日本の人工知能学はその広大な分野の夢と本質を追求する発展性と魅力において、世界のトップだと私は思っています。そんな人工知能分野における偉大な先輩、同世代、若手の皆様をさしおいて私を評価して頂けたことは誠に光栄の至りです。

しかしながら、賞を私が頂くだけでは、本来工学が追求する人間社会の利益としてはあまりにも限界がありますので、その内容と発展の方向を今後もお伝えしてゆきたいと思います。データ連成イノベーションリテラシー(DFIL)社会連携講座による記念講演会には研究科長はじめ様々な方にご祝辞など頂けることとなり、深く感謝しております。今後とも、知識システムを育てる工学と3D連携(産官民学×国際×学際)の発展に微力をささげたいと願っております。

【受賞/表彰等】早矢仕晃章講師が船井情報科学振興財団 研究奨励賞を受賞しました

【受賞/表彰等】2022年5月21日、大澤・早矢仕研究室の早矢仕晃章講師が船井情報科学振興財団 研究奨励賞を受賞しました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>

賞名称:船井情報科学振興財団 研究奨励賞

説明: 情報科学、情報技術分野を中心に広く理工系分野において、顕著な研究業績のあった若手研究者に与えられる賞です。

 

<受賞された研究・活動について>

受賞テーマ: データ利活用知識基盤構築による異分野データ協創と設計支援システムの開発と応用

https://funaifoundation.jp/grantees/young_awardees_up_to_now_21.html

 

<今後の抱負・感想>

このような名誉ある賞をいただき、大変光栄です。データは、世の中で起こる様々な事象を観察・記録し、伝達する人間の営みそのものです。ここには分野横断的かつ魅力的なトピックが非常に多くあり、データと人のインタラクションを創発する技術開発は来るデータ駆動社会に大きく貢献できると考えています。今後は国内外の仲間・コミュニティ作りにも力を入れていき、研究の魅力を発信していきたいと考えています。

【受賞/表彰等】システム創成学専攻 髙橋・万研究室の高倩さん(D2)、佟驍航さん(D1)、趙子豪さん(D1)、徐若塵さん(D1)が「2022年SAMPE学生ブリッジコンテスト世界大会」で優勝しました。

2022年5月25日、髙橋・万研究室の高倩さん(D2)、佟驍航さん(D1)、趙子豪さん(D1)、徐若塵さん(D1)が「2022年SAMPE学生ブリッジコンテスト世界大会」で優勝しました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>

SAMPE(Society for the Advancement Material and Process Engineering)学生ブリッジコンテスト世界大会は繊維強化複合材料による橋の軽量性を競う年1回の大会で、強化繊維の種類と橋の形状により8つのカテゴリーに分かれており、東大チームが2022年のカテゴリーB(炭素繊維を用いた中空長方形断面)で優勝しました。

 

<受賞された研究・活動について>

この世界大会には日本大会の優勝チームが日本代表として派遣されるもので、高橋・万研究室は日本大会で過去3年連続優勝してきましたが、世界大会が開催されたのはコロナの影響で3年ぶりでした。炭素繊維の異方性を活用したFEMによる最適構造設計の後に手作業で成形と評価試験を何度も繰り返し、外観と音診断から強度のバラツキが最も小さいと推定された勝負橋で世界大会に望みました。

 

<今後の抱負・感想>

この度、このような賞をいただき大変光栄に思います。今回の受賞にあたり様々なサポートをしてくださった研究室の方々に深く感謝いたします。現在我々ができるベストを尽くした作品で挑みましたが、入賞常連のワシントン大学やUCLAなど世界の強豪大学を抑えての優勝は運にも味方された結果と考えています。今回これらの強豪大学と交流して貴重な気付きやアドバイスを得ることができましたので、今後もデザインと成形技術をさらに改善して研究室の後輩に伝えていきたいと思います。

【受賞/表彰等】システム創成学専攻柴崎研究室の小菅直樹さん(M2)が日本物流学会において物流研究奨励賞を受賞しました。

2022年3月4日、柴崎研究室の小菅直樹さん(M2)が日本物流学会において物流研究奨励賞を受賞しました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>

日本物流学会物流研究奨励賞(日本物流学会正会員が3名以上所属する教育機関・研究機関等に在籍する学生・若手研究者のうち、特に顕著な成果を収めた優秀な物流研究者に対して与えられる)

 

<受賞された研究・活動について>

論文題目:ドライバルク貨物を含むインターモーダル国際物流ネットワークモデルの構築

概要:本研究は,従来コンテナ貨物のみを対象としていた全世界インターモーダル国際物流ネットワークモデルにドライバルク貨物輸送ネットワークを追加し,より包括的なモデルへと拡張したものである.具体的には,ドライバルク貨物のうち鉄鉱石と石炭を対象に,AISデータ等に基づく海上輸送実績から鉄鉱石取扱76港湾,石炭取扱130港湾を抽出し,各港湾間の輸送船舶サイズを推計する選択モデルを構築したうえで,その輸送費用や所要時間を含むドライバルク海上輸送ネットワークを全世界インターモーダル輸送ネットワークと統合し,コンテナ貨物輸送と陸上輸送容量を共有する貨物配分モデル(経路選択モデル)を構築した.

 

<今後の抱負・感想>

まずは,本賞の受賞にあたり,柴崎先生はじめ,サポートいただいた方々に深く感謝いたします.大学での3年間の研究活動とその成果を評価していただき,このような栄誉ある賞をいただけたことを大変誇りに思います.柴崎研究室では,普段の研究活動をはじめ,輪読やゼミ,ジャーナルへの論文投稿や国際学会での発表,さらに海外現地でのフィールドワークなど,非常に多様かつユニークな,実りの多い経験をさせていただきました.今後は大学から離れますが,研究で得た経験を活かし,社会に貢献していけるよう邁進して参ります.