東京大学

Department of Systems Innovation,School of Engineering,
The University of Tokyo

 


 

入試案内

専攻入試案内書や出願受付期間、過去の試験問題など必要な入試に必要な情報をご案内いたします。

専攻独自書類の提出先がオープンしました。

受験生向けの情報をこちらのリンクで公開しています。試験方法とCOVID-19に関する対応について記載していますので、必ず読んでください。リンク

専攻の特徴

革新的システムを実現するために、人間、人工物、自然を多面的、俯瞰的視点からとらえるシステム科学を基礎として、専門領域に細分化された工学知を統合し、自然や社会と調和のとれた革新的システムの実現のための原理と方法論に関する研究教育を展開します。

専攻概要はこちら

大学院へ入学を希望される方へ

入試説明会

説明会では、専攻紹介、カリキュラム、入試スケジュール等を説明します。
システム創成学専攻を受験することを検討している方はご参加ください。

◆令和4(2022)年度 大学院入試説明会について◆

2021年5月21日と6月5日に入試説明会をオンラインで開催いたします。事前参加登録が必要です。

日程

第1回入試説明会
【日時】2021年5月21日(金) 17:30~20:00
【オンライン開催】
第1回参加登録 受付中 終了
第2回入試説明会
【日時】2021年6月5日 (土)13:00~15:30
【オンライン開催】
第2回参加登録 受付中 終了

入試説明会の詳細はこちら

工学系研究科入進学情報 http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/admission/index.html

専攻入試案内書

専攻入試案内書 和文 英文

令和4(2022)年度専攻入試書類様式(システム創成学専攻に提出するもの)

修士課程

  1. 志望指導教員申告票(修士課程2022年度分) 和文 英文
  2. 志望動機・希望研究内容書(修士課程2022年度分) 和文 英文

博士後期課程

  1. 志望指導教員申告票(博士後期課程2022年度分) 和文 英文

出願受付期間・試験日程

工学系への出願受付期間: 2021年7月1日(木)~7月7日(水)
専攻独自書類の提出締切り: 2021年7月21日(水)
試験日時: 2021年8月28日(土)~9月3日(金)


【大学院入試の専攻独自書類の提出先】

システム創成学専攻大学入試の専攻独自書類は以下に提出して下さい。なお、このリンクは工学系の出願書類提出サイトにリンクされている「専攻独自書類の提出先」と同じものです。

修士課程はこちら

博士後期課程はこちら

リンクが有効になりました
*admission(at)sys.t.u-tokyo.ac.jpには提出しないで下さい。

【TOEFLスコアの変更について】

出願書類提出後に、提出するTOEFLスコアの変更を希望する場合はこちらのリンク(未開設)から申請をすることができます。このリンクは工学系の出願書類締め切り後にオープンします。


令和4(2022)年度試験科目について

<システム創成学関連科目>

「システム創成学関連科目」では、以下に示す3つの分野から文章題(数式や図形等が含まれることもある)がそれぞれ2題出題されます(計6問)。受験者はその中から2問を自由に選び、論理的に自分の考えを記述します。なお、この際に選択した分野は、自分が志望する研究分野と関係している必要はありません。分野名とその出題範囲は次の通りです。*この科目は、令和3年度入試の「論理的思考能力を見るための問題」と同様の問題方式です。

 

1. 地球・宇宙・フロンティア資源工学
 地球・宇宙・フロンティア資源工学:人類が抱える資源・環境に係る重要な課題について、 海底・宇宙資源や物質循環・低炭素技術の観点を含めたフロンティア資源に関する設問から、システム的なものの見方を問う。地球惑星科学と地球工学のごく基礎的な知識が必要となるが、選択で情報科学に関する設問もある。

2. システムモデリング
 対象となるシステムの挙動について、数理的にモデル化して解く問題を出題する。システム創成学において必要性の高い基礎問題あるいは具体的な設定をした応用問題で、大学学部レベルの数学全般を習得し利用する力も問われる。

3. 人工物の力学と設計論
 人類社会の豊かさや地球規模課題に対する解決手段を具現化する人工物の信頼性に関連する材料力学・流体力学・設計工学の各領域およびそれらを複合的に考える力を問う問題を出題する。大学学部レベルの同科目の習得が問われる。

 

過去の試験問題

令和3(2021)年度入試 

<論理的思考能力を見るための問題>

「論理的思考能力を見るための問題」では、
  1. 構造・流体・材料力学や設計
  2. 知能・情報科学や数理モデル
  3. 宇宙・地球・フロンティア資源工学
の3つの分野から、短い文章題(数式や図形等が含まれることもある)がそれぞれ2題出題されます(計6問)。受験者はその中から2問を自由に選び、論理的に自分の考えを記述します。なお、この際に選択した分野は、自分が志望する研究分野と関係している必要はありません。

 

令和3年度 (分野1【PDF】分野2【PDF】分野3【PDF】 / English #1【PDF】English #2【PDF】English #3【PDF】)

令和2(2020)年度以前

*過去の入試問題を参考のために掲げているものです。令和3年度(2020年実施)以降では、問題形式が大きく変更されているのでご注意ください。

<論理的思考能力を見るための数理的問題>

※論理的思考能力を見るための数理的問題の問題の一部に工学系研究科一般教育科目の数学の問題を使用します(大問(工学系共通問題)6問中2問、および小問(専攻独自の問題)6問中4問を選択)。
一般教育科目の過去問は、以下のサイトに掲載されています。
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/admission/general_past.html

 
<小論文>

令和2年度入試以前は小論文が課されていました。小論文の過去問の公開は終了しました。

 


お問い合わせ

東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 入試事務室(工学部3号館2階)
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 Tel:03-5841-6533 Fax:03-5841-0652

入試事務局へのアクセスはこちらお問い合わせフォーム

pagetop