東京大学

Department of Systems Innovation,School of Engineering,
The University of Tokyo

お知らせ

2022.9.21(Wed)

press release

【プレスリリース】坂地泰紀特任講師が、2022年度JSTさきがけ「社会変革基盤」新規課題に採択されました

LINEで送る

【プレスリリース】坂地泰紀特任講師が、2022年度JSTさきがけ「社会変革基盤」新規課題に採択されました。

==受賞日==
2022年 9月 20日

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、戦略的創造研究推進事業の2022年度研究提案募集における新規採択研究代表者・研究者および研究課題を決定し、当専攻の坂地泰紀特任講師の研究課題が採択されました。

戦略目標:「文理融合による社会変革に向けた人・社会解析基盤の創出」
研究領域:「文理融合による人と社会の変革基盤技術の共創」
研究総括:栗原 聡(慶應義塾大学 理工学部 教授)

氏名:坂地 泰紀
所属機関:東京大学 大学院工学系研究科
役職:特任講師
研究課題:因果情報を用いた経済ナラティブシミュレ ーション
研究期間:2022年10月~2026年3月

採択課題一覧
https://www.jst.go.jp/kisoken/presto/application/2022/220920/220920presto.pdf#page=3

JST「さきがけ」は、科学技術イノベーションの源泉となる成果を世界に先駆けて創出することを目的として、国が定めた戦略目標の達成に向けた独創的・挑戦的かつ国際的に高水準の発展が見込まれる先駆的な目的基礎研究を公募により選考し、研究総括のマネージメントのもと、研究総括・領域アドバイザーの助言を得て、同じ研究領域に集まった様々な研究者と交流・触発しながら、個人が独立した研究を推進する制度です。

坂地特任講師が採択された研究領域「文理融合による人と社会の変革基盤技術の共創」では、人文・社会科学と自然科学を融合することで、人や社会のマルチスケール(個人、コミュニティ、社会)での様々なデータから人と社会を理解し、それに基づき政策シナリオ等のシミュレーションを行う解析基盤を創出するとともに、これを用いて、行動変容等が促進された社会変革に繋げることを目指すものである。

お知らせ一覧に戻る

pagetop