東京大学

Department of Systems Innovation,School of Engineering,
The University of Tokyo

 

◆大学院入試について◆  入試案内

教員紹介

教員一覧

柴田 和也

⼈⼯物ネットワーク

柴田 和也 SHIBATA Kazuya

職 名
准教授
所 属
東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
キーワード
流体シミュレーション、船舶海洋、防災・減災、現象解明、最適化
H P
http://mps.q.t.u-tokyo.ac.jp/~shibata.kazuya/
E-mail
shibata.kazuya(at)sys.t.u-tokyo.ac.jp※(at)を@に置き換えてメールを送信してください。

物理シミュレーションを活用したシステムの創成

物理シミュレーションを活用したシステムの創成船体甲板上の海水打ち込み

物理シミュレーションを活用したシステムの創成船体運動モデル

現象の解明とデザインの最適化

我々の身の回りには、たとえ支配方程式が分かっていても現象の詳細が解明されていないことが多くあります。それらを数値シミュレーションを用いて解明し、新しいシステムの構築およびデザインの最適化を行う研究を行っています。

防災・減災に関する研究

東日本大震災を受けて防災・減災の重要性が再認識されています。我々の研究室では海岸付近および陸上での津波の挙動を解析するシミュレーションを行っています。シミュレーション手法を活用し、防災・減災に貢献する研究を行います。

船舶と海洋構造物に関する研究

粒子法という新しい数値計算手法を用いて、船体甲板上に海水が打ち込む現象や船体運動をシミュレーションする技術を開発してきました。これらの技術を活用して船舶と海洋構造物の安全性の評価と向上に関する研究を行なっています。

教員からのメッセージ
数値シミュレーション技術を用いれば様々な物理現象を再現・解明することができます。この技術を活用し新しいシステムを開発しましょう。

教員一覧

pagetop