2018年度びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会(先端技術部門)でシステム創成学専攻・精密工学専攻と新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻の大学院生チームが優勝

2018年度びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会(先端技術部門)でシステム創成学専攻・精密工学専攻と新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻の大学院生チームが優勝

2平米以下のソーラーパネルとGPSを搭載したボートをマキノ町サニービーチと竹生島の約20kmの往復コースで自律航行させるびわ湖クルーレス・ソーラーボート大会において、工学系研究科システム創成学専攻・精密工学専攻と新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻の大学院生を中心としたチームが優勝しました。チームはシステム創成学専攻の演習授業でボートを設計・製作し、船型性能水槽、相模湖や手賀沼で練習を重ね、チーム一丸でレースに臨みました。酷暑のなか、8月15日の初日には伴走する漁船と激突してボートが大破するアクシデントに見舞われながらも、湖上で修理を完遂し、レースを再開、26日のレースでも見事な走りをみせて優勝することができました。当活動は、システム創成学専攻特別演習における活動です。進学される学生の皆さんは、ぜひ参加を検討ください。

 

ソーラーボートプロジェクトチーム:

工学系研究科

システム創成学専攻
パクサンギュ M1 北澤研
李越 M1 北澤研
周金鑫 D1 北澤研
韓天盛 M1 高橋研
邵思怡 M1 高橋研
古田泰之 M1 高橋研

精密工学専攻
徐欣雨 M1 金研

 

新領域創成科学研究科
海洋技術環境学専攻
十文字拓也 M1 村山研
土橋直己 M1 尾崎研
佐藤淳之 M1 高木研
豊田洋介 M1 平林研