谷中さんが言語処理学会第24回年次大会において若手奨励賞を受賞

3月16日,当専攻博士課程3年(当時)の谷中瞳さんが言語処理学会第24回年次大会において若手奨励賞を受賞しました.本賞は,言語処理学会年次大会において内容が優れたものと認められた論文の著者である若手研究者に与えられる賞です.

 

言語処理学会第24回年次大会のページ(http://www.anlp.jp/nlp2018/
若手奨励賞のページ(http://www.anlp.jp/award/nenji.html#y2018

 

<受賞した研究・活動>
自然演繹に基づく文間の含意関係の証明を用いたフレーズアライメントの試み

 

 

<受賞者のコメント>
今回、このような名誉ある賞を受賞でき、大変嬉しく思っています。今回の受賞を励みに、今後よりいっそう研究に邁進していきたいと思います。