吉村研究室と大澤研究室が2018年度人工知能学会全国大会で優秀賞をダブル受賞

吉村研究室と大澤研究室が2018年度人工知能学会全国大会で優秀賞をダブル受賞

6月8日、2018年度人工知能学会全国大会(鹿児島県)で、吉村研究室(内田英明、藤井秀樹、吉村忍)による「道路交通網と電力系統の連成シミュレーション」、ならびに大澤研究室(早矢仕晃章、大澤幸生)による「データ3.0時代のデータランドスケープ」が、優秀賞をダブル受賞しました。

<受賞した研究・活動>
「データ3.0時代のデータランドスケープ」(早矢仕晃章、大澤幸生)
データを取り巻く環境、役割、価値の変化を概観し、異分野データ連携の課題の表出化から、異なる領域のデータを結合する可視化手法「データランドスケープ」を提案しました。そして、異種のデータのネットワークが作り出す構造的特徴を定量的に評価し、データの関係性を俯瞰的に分析しました。

<コメント>
この度、人工知能学会の全国大会にて優秀賞という名誉ある賞を頂きました。査読してくださった方々、選考委員の方々、オーガナイズドセッション聴講者の皆様に感謝するとともに、本研究活動を日頃から支援してくださっている専攻の先生方、研究室のメンバーに深く御礼申し上げます。AIに対する社会的な期待が高まり、データの価値や役割も一層重要となってきています。データ・AI技術・人間の相互作用に基づくデータの価値発見によるイノベーションの場である「データ市場」と、それを支援する技術が必要です。今回賞を頂いたことへの感謝を原動力とし、これからも一層研究に励んでいく所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

<受賞した研究・活動>
「道路交通網と電力系統の連成シミュレーション」(内田 英明,藤井 秀樹,吉村 忍)
電気自動車を介して電力系統と交通網の間に生じ得る相互作用に着目し、
電力・交通の2つのシミュレータを連成させるモデルを開発しました。
また、都市スケールの数値解析により電圧不安定化等の現象を再現しました。 

<コメント>
この度は、人工知能学会の全国大会にて優秀賞を頂き誠にありがとうございます。
発表を行ったオーガナイズドセッションでは幅広い背景を持った発表者・聴講者が集まっており、
活発な議論のなかで本テーマにおいても更なる発展の可能性を確信しました。
今回の受賞を励みに、引き続き研究活動に邁進していく所存です。
最後になりますが、研究に対し多くの示唆を頂きました共著の先生方、発表の際に議論を深めて頂いた皆様に感謝致します。