東京大学

Department of Systems Innovation,School of Engineering,
The University of Tokyo

教員紹介

教員一覧

中島 一成

グローバル循環システム

中島 一成 NAKAJIMA Kazunari

職 名
准教授
所 属
東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター
東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
キーワード
触媒、燃料電池、エネルギーキャリア、アンモニア化学
H P
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/nishiba/index.html
E-mail
nakajima(at)sys.t.u-tokyo.ac.jp※(at)を@に置き換えてメールを送信してください。

触媒が作る新しいエネルギー

触媒が作る新しいエネルギー

触媒が作る新しいエネルギー

エネルギーを担う新しい媒体

エネルギーをどのように取り扱うか、それは現代の世界における重要な課題です。エネルギーは必ずしも目に見えたり実態のあるものではありませんが、例えば石油などのように物質として取り扱うことができます。私達は、エネルギーの新たな取り扱いとして、アンモニアと窒素の相互変換を自由自在に実現することで、エネルギーの貯蔵・利用のスキームが描けるのではないかと考えています。すなわち、大気中の窒素分子から合成したアンモニアを、化学的に"燃焼"することでエネルギーを取り出すことができます。このとき、排出されるのは窒素と水だけの非常にクリーンなシステムです。

触媒によるエネルギー問題へのアプローチ

窒素とアンモニアの相互変換を目指して、私達は遷移金属錯体と呼ばれる分子状の触媒の開発を行っています。金属錯体は金属イオンと有機物である配位子から構成されており、中心となる金属の種類や、それを支持する配位子を様々に変更することで性質の全く異なる触媒を合成することが可能です。こうしてデザインされた触媒を用いてエネルギー問題にアプローチしていきます。

自由自在の分子変換を達成する触媒反応

触媒の本質は分子変換反応、つまり化学反応を自分でデザインするということです。精密な反応・分子デザインはエネルギー問題だけでなく、医薬品や素材など多くの分子を用いる分野の基盤技術です。私達は触媒を用いて新たな分子の可能性を常に模索しています。

教員からのメッセージ
エネルギー問題には様々なアプローチがありますが、私達は触媒を基にした化合物ベースのエネルギー貯蔵・利用システムの実現を目的に研究をしています。実験化学の研究室で一緒に新しい発見をしましょう!

教員一覧

pagetop