«一覧に戻る

菅野 太郎

所属:システム創成学専攻
役職:准教授
生年:1973
出身:山口県
E-mail:kanno@sys.t.u-tokyo.ac.jp
URL:http://www.tkanno.net

ヒューマンシステムデザイン

 

チーム協調

image-422チーム認知に関する理論的研究と協調・連携デザインに関する研究を行っています。認知工学のみならず、哲学や社会学などの知見も活用し、社会的コードや”共有”、コミュニケーションのプロセス等、人の協調・連携の深遠メカニズムの解明を目指しています。また、観察手法、チーム協調に関する多元的データの分析手法、計算機シミュレーション、パフォーマンス評価やタスク環境評価・設計、協調支援技術の開発も行っています。

 

 

コンテキストモデリングとマクロ認知

image-424現場コンテキスト(状況)のモデル化とそこで繰り広げられる認知行動(マクロ認知)をプローブする手法の開発を行っています。熟練者の認知や技能、人々の多様性、技術との相互作用といったことに着目し、人間中心のシステムデザインへの貢献を目指しています。看護師の認知モデルの構築、災害看護・医療における訓練シナリオの自動作成や、災害時要援護者トリアージ支援技術の開発、認知タスク分析のためのインタビューソフトの開発等を行っています。

 

社会システムのレジリエンス評価とマネジメント

kanno_g3災害や事故、不正や組織の硬直化など、起こりうるあらゆる状況下で人、組織、流通、サービス等の機能や質を維持し,決定的な損失に至らないレジリエントな社会システムを設計するための研究をおこなっています。インフラだけでなく生活、経済活動も考慮したヒト中心の複合的相互依存性解析に関する社会シミュレーション研究や社会知を活用したレジリエンスマネジメントの方法論に関する研究を行っています。

 


Message システムを認識する際に、まずそこにヒトの存在とその営みを認識することからはじめます。学問領域に捉われない柔軟さとガッツ、ヒトに対する鋭い洞察を期待します。朝型生活が望ましいと思っています。

Keyword:チーム協調、サービス認知、レジリエンス、人間中心のシステムデザイン

«一覧に戻る