«一覧に戻る

村山 英晶

所属:システム創成学専攻
役職:准教授
生年:1972
出身:山形県
E-mail:murayama@sys.t.u-tokyo.ac.jp
URL:http://www.gisolab.t.u-tokyo.ac.jp/

スマートストラクチャ -賢い人工物の創成-

 

ヘルスモニタリング・ヘルスマネジメント

常に自分が置かれている環境と自身の状態を把握しながら快適さや安全を確保しようと判断・行動する人間のように、構造物自身が内外の状態を監視・診断し(ヘルスモニタリング)、適切な運用を促す(ヘルスマネジメント)システムの開発を目指しています。神経のようにネットワーク化されたセンサからの情報が脳として働くプロセッサによって処理されるモデル、それがスマートストラクチャの原型です。宇宙輸送機器・航空機・船舶など、より効率性・安全性が求められる輸送機器への適用を視野に入れています。またシステムの研究途上で、世界最高水準の性能を持つ光ファイバセンサの開発に成功しました。

 

高性能材料・構造

センサとプロセッサがスマートストラクチャに感覚を与える神経と脳だとすれば、材料・構造はその骨格と言えます。強く軽い骨格は、経済、環境、安全の面で優れた効果を発揮します。炭素繊維を用いた高性能材料・構造の開発とともに、その応用と普及に取り組んでいます。企業との共同研究において、従来銅合金で作られていた舶用プロペラに炭素繊維を適用し、大幅な効率向上を果たすことができました。スマートストラクチャの概念・技術を導入することで、様々な構造物に対してさらなる高性能化が期待できます。

 


Message 工学の基礎知識を組み合わせてシステムを設計・実装していく過程で、専門性と企画・実行力を養えるテーマに取り組んでもらえるように考えています。

Keyword:複合材料、軽量化構造、知的材料・構造、構造健全性評価・異常診断システム、光ファイバセンサネットワーク

«一覧に戻る