«一覧に戻る

大橋 弘忠

所属:システム創成学専攻
役職:教授
生年:1952年
出身:岐阜県
E-mail:ohashi@sys.t.u-tokyo.ac.jp
URL:http://syrinx.q.t.u-tokyo.ac.jp/laboHP/

社会ダイナミックスの進化モデリング

image-306 image-304

複雑適応システムの構造と発展

システムは、どのようなメカニズムで進化、発展し、どのような構造をもつに至るか。そし てそれは、システムにどのような情報伝達特性と耐性をもたせ、全体はどのような挙動 を示すか。このような複雑適応システムの特性を、ネットワークの成長と構造、生態・社 会・経済集団のダイナミックスなどについて、構成的モデルやゲームモデルを用いて研 究します。

 

新しい進化モデル

これまでの進化計算のように遺伝子型と表現型を一対一で対応させるモデルでは、現 実世界に現れる複雑な問題を解くことはできなくなります。複雑な表現型を表すのに、 複雑な遺伝子型が必要になるからです。複雑な表現型は、簡単な遺伝子がルールとして 相互に、また環境と相互作用するプロセスで発生します。このような生物の発生過程を 模擬した新しい進化モデルの開発と、それを人工、社会システムへ利用する研究を行 い、モデルの有効性を示します。

 

経済物理

経済は、多数の人が影響しながら行動することから出てくる複雑な集団現象です。社会 に見られるさまざまな現象も、情報と経済の全体主義的傾向を受け、集団現象として複 雑な特性を示します。経済マーケットをはじめとして、流行、伝染、集団感情、合意形成 などの現代社会経済現象を、マルチエージェントモデル、ネットワーク分析、統計物理解 析を使って解明し、理解と制度設計に役立てることに取り組んでいます。


Message 多様な経験をすること、広い視野をもつこと、システム的に思考することを推奨しています。挑戦心と常識に囚われない柔軟で自由な発想を期待します。

Keyword:複雑適応系、マルチエージェントモデル、経済物理、集団現象、意思決定

«一覧に戻る