«一覧に戻る

吉村 忍

所属:システム創成学専攻
役職:教授
生年:1959
出身:栃木県
E-mail:yoshi@sys.t.u-tokyo.ac.jp
URL:http://save.sys.t.u-tokyo.ac.jp

知的シミュレーションによる人・人工物・環境調和社会デザイン

 

超精密計算力学シミュレーションとものづくりイノベーション

世界最先端の超並列計算機「京コンピュータ」やエクサフロップimage-1058スコンピュータ上で稼 働する超大規模計算力学シミュレーションソフトADVENTUREシステムの理論・アル ゴリズム・実装・可視化について研究開発している。これらを用いて、巨大複雑人工物の 物理挙動(変形・破壊・熱流動・電磁現象・連成現象)を超精密に予測・評価しデザインす るという「ものづくりイノベーション」を目指している。

 

知的マルチエージェントシミュレーションと
社会デザイン

多様な人間の認知・思考・行動が複雑に絡み合う社会経済システムのデザインのため に、人間を「知的エージェント」としてモデル化し、多数相互作用させて社会経済現象を 精緻に再現する知的マルチエージェントシミュレーションについて研究開発している。 次世代交通シミュレータMATESを開発し金融工学等と統合し少子高齢化時代のレジ リエントな交通システム創成に関するバーチャル社会実験を行っている。

 

生物メカニズムによる革新的機械システムの創成

昆虫や鳥の羽ばたき飛行のように、生物は自然界において連成メカニズムを巧妙に駆 使して、エネルギ的にも運動性能的にも効率的に行動している。しかし、人類は未だそ のメカニズムを正確に理解できず、活用もできていない。そこで、羽ばたき飛行を精緻 に再現できるマルチフィジスク計算力学手法を研究開発し、賢く行動する革新的人工 飛翔体に関する研究を行っている。


Message 21世紀社会は、地域レベルでも地球レベルでも大きな課題に直面しています。知的シミュレーションが先導する技術イノベーションによって、これらの課 題解決を目指しましょう。

Keyword:計算力学、知的マルチエージェントモデル、人工物設計、交通流、人工飛翔体

«一覧に戻る