«一覧に戻る

北澤 大輔

所属:生産技術研究所
役職:准教授
生年:1974
出身:大阪府
E-mail:dkita@iis.u-tokyo.ac.jp
URL:http://mefe.iis.u-tokyo.ac. jp/index.html

海洋の食料・エネルギー利用と生態系保全

 

海の食料生産工学

世界では、水産物の消費量が増加していますが、日本では減図1少傾向にあり、水産業は衰退の危機にあります。そこで、効率的、かつ持続可能な食料生産システムの開発を行っています。沖合域における自動給餌システム、定置漁業における自動揚網システム、養殖業における大型生簀の浮沈システムなどの開発を通して、省エネ化・省力化・省人化を実現し、競争力が高く、また高品質な魚介類を生産できるシステムの研究を行っています。

 

海洋エネルギーの性能・環境影響評価

日本は、広大な排他的経済水域を持ち、風、波、潮流、海流などから多くの再生可能エネルギーを得ることができます。そこで、海洋再生可能エネルギー装置の発電性能の評価や、環境への影響評価の研究を行っています。波エネルギーを吸収し、揺れない船、海生動物の潮流・海流発電タービンブレードへの衝突リスク等の研究を行い、海洋生態系に調和した海洋再生可能エネルギー装置の開発を行っています。

 

湖沼・沿岸海域の生態系シミュレーション

世界の湖沼や沿岸海域では、富栄養化や温暖化による環境問題が起こっています。そこで、水中で起こっている様々な物理学、化学、生物学的現象のメカニズムを解き明かすために、流れ場・生態系結合数値モデルの開発を行っています。東京湾、琵琶湖、霞ヶ浦、カスピ海、養殖海域等を対象として、汚濁物質の流入や気候変動が生態系に及ぼす影響を予測するとともに、環境保全方法の検討とその効果の評価を行っています。


Message 実際の現象に触れながら課題を発見し、解決のための革新的なアイデアを産み出すことが大切です。産学官の共同研究者とともに、実験、数値計算、現地調査を組み合わせて、課題を解決できる技術を磨いていきましょう!

Keyword:海の食料生産工学、海洋エネルギー、流れ場・生態系結合数値モデル、生態系保全、流体力学

«一覧に戻る